多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)でも2人出産! 私の不妊治療体験談

PCOS妊活アイキャッチ妊活

私は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)です。

30歳で不妊治療をはじめて、32歳で第一子、33歳で第二子を出産しました。

現在37才、3人目妊活中です。

不妊治療中は不安になってしまう事が多いです。

私もすごく不安になったことがたくさんありました。

誰かの参考になればと、今回は覚書きですが

  • 私の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状
  • 1人目と2人目の不妊治療の流れ
  • 管造影検査の体験談

についてまとめました

1人目と2人目の妊娠超初期症状、基礎体温グラフ、超フライング検査についてはこちらにまとめています。

私の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状

妊活のイメージ画像3

生理が始まってから今まで、生理が規則正しく来たことはありませんでした。

だいたい2か月ぐらいから4か月ぐらいで生理が来る感じ。

20代前半のころに生理が半年こなかったとき、さすがに病院に行きました。

先生に卵の数が多いから生理がバラバラになる事、生理がバラバラでもすぐ治療は必要ない事、子供が欲しくなったらまたおいでと言われました。

その時は『生理が少ない方が楽でいいわ~』ぐらいに考えてました。

うまくいかなかった1人目の不妊治療の流れ

妊活のイメージ画像4

結婚して、そろそろ子供が欲しいなと思った時、前に病院で言われた事を思い出したので、自分で妊活はせずにすぐ産婦人科に行きました。

そこで初めて自分が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だと知りました。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で卵子が育ちにくく、卵子が育たない事には排卵もしないので、とにかく卵子を育てよう』ということでした。

次に、私が受けた不妊治療の経緯について詳しくまとめていきます。

飲み薬では全く育たない私の卵子

始めに薬を飲んで卵を育てようとしたんですが、私にはあわなかったみたいで、全くうまく育ちませんでした。

正直、病院にさえ行けば簡単に妊娠できると思っていたので、不安になりました。。。

病院に行けばすぐ妊娠できると思っていたので、出産したい産婦人科にしようと思い、自分の家からは少し遠い、実家の近くの病院に通っていました。

しかし、この調子では何度も病院に通わないといけないなと思い、家からは遠いので頻繁には通いづらい事と、先生もきつい言い口調の方で正直苦手だったので、思い切って病院を変えることにしました。

自己注射(ゴナールF)でも育ちにくい私の卵子

病院を変えるときに、知人に不妊治療で有名な病院が近くにあると聞き、そちらに通わせてもらうことにしました。

変更した病院の先生はとても親切な方で、私が色んな質問をしてもすごく丁寧に返してくれました。
やっぱりこういう病院は相談しやすい先生が良いと実感しました。

変更した病院で夫の精子も検査して、特に異常なしでした。

そして次の不妊治療の内容は自己注射(ゴナールF)をすることに。

自己注射(ゴナールF)は、家で自分でおなかに注射を打って、卵子を育てるものです。

私は注射が大嫌いで、 最初は抵抗あったんですが、まったく痛くないのでなんとかできました。

流れ的には

生理が始まってから2.3日で受診に行って、 自己注射(ゴナールF)をもらう

その日から5.6日くらい毎日1回、自分でお腹に注射 (ゴナールF) を打つ

受診して、卵が育っているか診てもらう

育っていなかったらまた数日自己注射(ゴナールF)をして

受診して診てもらう

育っていたら排卵誘発の注射 (HCG注射)

排卵後、高温期の薬(ルトラール)を10日ほど飲む

という感じです。

この方法を何周期かしましたが、またまた私にはあわなかったのか、卵が育つのに時間がすごくかかったり、育たなかったりで、強制リセット(お薬で生理を起こす)をしたりしました。 

自己注射までしたのにうまく育ってくれない私の卵、、、
もしかして妊娠はできないかも、と思いました。

この頃、卵管造影検査もしましたので、次に詳しくまとめていきます。

卵管造影検査の体験談

病院イメージ画像

妊活開始4.5カ月目で卵管造影検査をすることになりました。

ネットは怖い事ばかり書いてるから見たらダメですよ~。大丈夫ですから。

と言われましたが、気になって気になって、、、

検査の前にネットで調べてみると「激痛」とか「怖い」とか色々書いてあって、それはそれはビビりまくっていました。

もしも検査後に倒れてしまった時のために、旦那に病院前で待機までしてもらって検査に挑みましたが

全く痛くなく、平気でした!

検査中は緊張しまくって全神経が子宮に集中してしまってましたが、そんな状況でも痛みは全くなく、なんとなく気持ち悪い感じがしました。

検査も5分ほどですぐ終わりました。

卵管造影検査のあと6か月は「ゴールデンタイム」と言われていて、卵管の通りがよくなるので妊娠しやすくなるそうです。

ちなみに私は、1人目の子を卵管造影検査のあと、5カ月、3周期目で妊娠できました。

先生に「葉酸サプリ」を勧められる

妊活のイメージ画像9

病院で葉酸サプリの事が書いてあるポスターを見て、先生に聞いてみると

葉酸サプリも飲んでおくといいよ』

と言わました。

葉酸は赤ちゃんの成長に必ず必要な栄養で、妊娠前から飲んでいた方が良いとのことでした。

葉酸サプリなんて知らなかったので、すごく調べた結果ゲンナイ製薬「プレミン」が一番気に入ったので購入しました。

プレミン・プレミンMen

治療法変更後、ようやく卵子が順調に育ってくれ妊娠できた!

自己注射 (ゴナールF) はあわなかったので、治療法を変更すると、やっとちゃんとスムーズに卵子が育ちだしました

変更した不妊治療の流れは、

2.3日に1回病院に行ってHMG注射で卵を育てる

HMG注射を3,4回繰り返し、内診で卵子の大きさの確認

育っていなかったら追加のHMG注射

育っていたら排卵させる注射(HCG注射)をして、その日か翌日タイミング

高温期の薬(ルトラール)を10日ほど飲む

飲み終わると妊娠していなければ数日で生理が来る

生理終わりごろにまた卵を育てる筋肉注射開始

という感じです。

私にはこの治療法があっていたらしく、この方法にかえてから卵子が順調に育ち、2周期で妊娠できました

病院に通い始めて約1年以上、4回目の周期でした。

何度もダメだったので、正直心が折れそうでしたが、無事に妊娠することができてすごく嬉しかったです。

産後9か月から2人目の不妊治療を開始

妊活のイメージ画像8

第一子を完全母乳で育てていましたが、不妊治療で薬や注射を使うので、9か月で断乳しました。
幸い離乳食をたくさん食べてくれる子だったので、すんなり断乳できました。

断乳する少し前からまた夫婦でまた葉酸サプリを飲みだして、9カ月で断乳してすぐ、まだ産後生理も一度もきてなかったですが、とりあえず病院に行きました。

はじめの受診でその日に生理をおこす薬(たしかルトラール)をもらって帰って、生理終わりごろからまた2、3日に一回卵を育てるHMG注射をうけて、ありがたいことに2周期目で妊娠できました。

その時、もし半年しても妊娠できなかったら、また卵管造影をするよう言われました。
まれに出産で卵管が詰まってしまう事があるそうです。

2週期で妊娠できたのはすごく嬉しかったし驚きました。

産後は妊娠しやすくなると見たことがあるので、それかもしれません。

私の不妊治療体験談まとめ

妊活のイメージ画像12

始めて不妊治療に行くときは少し不安もありましたが、自分の体をよく理解することができてよかったと思っています。

不妊治療中は色んな不安があってネット検索をしまくりましたが、皆さんの体験談がすごく励みになりました。

体の事なんで、人によって違いはありますが、このサイトも誰かのお役に立てればなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました